米尼で注文したUPS荷物を追跡。トラッキング番号の利用方法

米Amazonで注文したUPS荷物のトラッキング

米Amazonで注文したUPS荷物のトラッキング

今回は、UPSのトラッキングナンバー、つまり追跡番号を利用した荷物のステータスを確認する方法を説明します。

どうやれば、UPSを追跡できるのか?から国内配送をUPSからヤマトに変更する方法も。

ぼちぼち米尼のEVGA製のグラボが入荷されだして、購入できる方も増えたと思うので、必要になるのではないかと。

スポンサーリンク

米尼からEVGA製のグラボ・PCパーツ、一般的な商品を個人輸入する方法はこちら

米尼からEVGA RTX 2080 Tiを個人輸入するための在庫一覧表まとめ(EVGA RTX 2080 Ti ~ GTX 1060 をまとめて掲載中)

米尼からRTX 2080を個人輸入するための在庫一覧表まとめ(各社 RTX 2080 を掲載)

米尼からCore i9 9900Kを個人輸入するための在庫一覧表まとめ

米尼からRadeon RX Vega 56 / 64を個人輸入するための在庫一覧表

UPS / DHL / i-Parcel のトラッキング情報リンク

ここでは、UPS、DHL、i-Parcelのトラッキング情報を照会するページへリンクしています。

以下のページから、米アマゾンで入手できる追跡番号を入力すれば、トラッキングが可能です。先に対象のページを開いておいてください。

米尼(アメリカのアマゾン)で荷物のUPS追跡情報と、UPSのトラッキングナンバー(追跡番号)を確認する方法

すでにUPSのトラッキングナンバー(追跡番号)が分かっていて、配送状況を追跡・変更したい方は、ここは読み飛ばして、次のステップへ進んでください。

それでは。

まずは、米尼へ行き、ページ上部にある黒いメニューバーから「Orders(または Your Orders)」をクリックします。

オーダー(注文)情報

サインインを要求されたらしてください。また、注文情報(Your orders)を見るときにサインインが要求されるパターンもあります。

amazonサインイン

amazonサインイン

サインインしたら、「Your orders」を見ます。

そうすると、amazon.co.jpでもおなじみの注文情報一覧が表示されますので、「Track Package」をクリックします。

対象の注文で「Track Package」をクリックする

対象の注文で「Track Package」をクリックする

そうすると、アマゾン(amazon.com)におけるトラッキング(追跡)情報が表示されます。

米アマゾンの簡易トラッキング(追跡)情報

米アマゾンの簡易トラッキング(追跡)情報

この画面で「See all updates」をクリックすると、簡易的な追跡情報と、「UPS」「DHL」「i-parcel」のトラッキングIDを取得できます(画像はi-Parcel)。

さらに下へスクロールすると、荷物の「トラッキングID」がそのまま表示されています(画像はi-Parcel)。

ここで、「トラッキングID」をメモ帳にでもコピーしておいてください。

i-Parcel のトラッキングID

i-Parcel のトラッキングID

また以前は、この画面が表示されていました。

米尼から購入し、発送されたEVGA GTX1070 SCのステータス

米尼から購入し、発送されたEVGA GTX1070 SCのステータス

この画面は、7月6日に注文し、7月8日に発送されて、今輸送中という意味となります。そしてその右下のほうにトラッキング情報が表示されますので、見てください。

UPS トラッキングナンバー

UPS トラッキングナンバー

この画面で、日本のアマゾンと同じような荷物の追跡情報が表示されます。とりあえず、UPSのトラッキングナンバーはメモ帳にでもメモしておきます(重要)。

このトラッキングナンバーで色々手続きが出来てしまうので、関係のない人に教えてはいけません。

ただ単にアマゾンで見られる追跡情報で十分ならば、これでも十分です。

しかしながら、配送業者がUPSで都心にお住まいの場合、荷物をなかなか受け取れない方は、国内配送をUPSからクロネコヤマトへ変更してもらう必要性がありますので、UPSのトラッキングナンバーが必要になります。

スポンサーリンク

都心部の国内配送をUPSからクロネコヤマトへ変更する理由

UPSが配送する場合、受け取る場所によっては国内配送をクロネコヤマトへ変更したほうが良いときもあります。

理由は簡単なんですが、都心部にお住まいの方でも、平日の昼間に確実に受け取れる方は良いんです。UPSのままで。

解説しますと、

UPS(Japan含む)には国内配送のルールがあります。日本の場合は、

  1. 都心部ではUPSが配達し、それ以外では提携しているクロネコヤマトへ自動的に荷物を引き継ぐ(何もする必要なし)
  2. UPSは、土日祝を除く平日の朝から夕方ごろに配送する
  3. 再配送の場合、配達時間帯の指定は午前・午後の大まかな指定のみ
  4. 再配送の回数には制限がある。3回まで。

間違いもあるかもしれませんが、調べた限り、大体こんなところです。

UPS Japanの配達日と時間、追跡ステータスに関する情報は、以下のUPS Japanの公式ページにも記載があります。

配達のため車両積載完了: 貨物は配達を担当するUPSの現地施設に到着し、UPSドライバーに引き渡されました。

時間指定の航空貨物便を除き、貨物は通常、個人宅では午前9:00から午後7:00の間(場合によってはそれ以降)、会社住所の場合は営業時間内に配達されます。

この時間帯の中で、厳密な配達時刻をスケジュールすることはできません。 ご不在の場合は、休祝日を除き、3回まで配達にうかがいます。

荷物を追跡していますが、動きがみられません。 なぜでしょうか? UPS より引用

具体的な都心部(UPSの配送エリア内)がどこまでなのかは分かりませんが、地方ですと、国内配送がUPSからクロネコヤマトへ自動的に切り替わっているようです。

ですから、地方にお住まいの方は自動でクロネコヤマトへ切り替わっているので、何もしなくて大丈夫ですが、

都心部にお住まいの方(UPSの不在票が来た場合)で、この条件で3回までに受け取れない方は、クロネコヤマトへ変更することをお勧めします。

なぜかというと、最大3回の配送制限までに受け取ることが出来ないと、荷物が送り主の元(米アマゾン)へ帰ってしまうからです。

この場合、かなり面倒なことになりますので(荷物がアメリカに戻る)、都心部にお住まい(UPSの不在票が来た方)で平日の朝~夕方に受け取れない方は、ヤマトへの変更をお勧めしています。

AmazonGlobal Priority Shippingがおすすめな理由(UPS / DHL)

まず、速い。アメリカから日本まで、発送処理が始まれば通常2~3日で届きます。米尼で購入した商品がすぐ到着して欲しいときにおすすめです。

UPS配送の場合、連絡すれば、国内配送をUPSからクロネコヤマトへ変更してもらうことも可能です。

DHLの場合、国内配送も(DHLの配送エリア内であれば)そのままDHLが配送しています(委託する場合は佐川急便だそう)。ぼくの住んでいる地域では、DHLの直接配送でした。

配送オプションの選択

配送オプションの選択

一番速い送料の「AmazonGlobal Priority Shipping」は、UPS または DHLによる配送で、商品の発送から到着まで「通常2~3日」ほど。ただし、送料が高めです。

一番安い送料の「AmazonGlobal Standard Shipping」は、i-parcelの発送となり、商品の発送から到着まで「2週間前後」かかります。また、国内は佐川急便が配達します。

真ん中のは試したことがないので、今度試したときに追記しますね。

注文から到着まで2週間ほど掛かる遅い配送でも良いなら、安い配送方法もありです。商品の金額や用途によって変えると良いと思います(遅くてもいい場合、ぼくもたまに使ってます)。

利用する配送オプションが決まったら、こちらから → 【Amazon.com】 へ行き、早速注文しちゃいましょう!

米尼から個人輸入する方法(個人輸入する方法を分かりやすく説明しています)

米尼から個人輸入したときの流れ(実際に試してみたときの記録があります)

日本国内の配送をUPSからクロネコヤマトに変更する方法

ここでは、UPSからクロネコヤマトへ配達を引き継いでもらう方法をお伝えします。

UPSの配送状況を追跡する方法

では、まずはUPSの配送状況を確認しましょう。UPSのサイトへ行きます。ページを表示したら、左側にトラッキングナンバーを入力する場所があります。

2019年現在、サイトのデザインが説明とは少し変わってしまいましたが、やり方はほとんど同じです。

UPSトラッキングナンバー入力画面

UPSトラッキングナンバー入力画面

ここに、先ほどメモをしたアマゾンのトラッキングナンバーを入力します。入力したら「追跡」をクリック。そうしますと、

UPS tracking info in USA

UPS tracking info in USA

このように追跡情報の画面が表示されますので、確認してください。米尼の情報より分かりやすいと思います。

実際にUPSからクロネコヤマトへ配達の変更依頼をする方法

2019年現在、サイトのデザインが説明とは少し変わってしまいましたが、基本的にやり方は同じだと思います。

UPSのサイトトップへ行きます。ページの一番左下に「Eメール」というのがありますので、クリックします。

UPSにEメール

UPSにEメール

そうしますと、この画面になりますので、「氏名」、「Eメールアドレス」を入力し、オレンジの枠で囲まれた部分を画像の通りに選択して、「次へ」。

UPSへEメールする(その1)

UPSへEメールする(その1)

そうすると、次の画面になります。これも下記の画像を参考にして入力してください。「電話番号」、「トラッキングナンバー」、「郵便番号」、「お問い合わせ・ご意見」をきちんと入力します。

UPSへEメールする(その2)

UPSへEメールする(その2)

全てを正しく入力した上で、お問い合わせの入力欄で、「(国内の)配送業者をクロネコヤマトへ変更してください」などとし、「Eメールを送信」すれば、OKです。

ぼくの場合は荷物が国内に入ってきた段階(成田空港の時点)でお願いしました。また、再配達時に電話等で依頼しても良いようです(不在票をよく確認してください)。

その後、サポート担当の方から、「変更しました」というEメールが入力したメアドに送られてきます。送られてきたら大丈夫ですし、何かある場合はその後もサポート担当の方とやり取りをしてください。

無事変更されれば、トラッキング・追跡情報はこのように変更されます。

UPS追跡情報。クロネコヤマトへ変更済み

UPS追跡情報。クロネコヤマトへ変更済み

「配達のため現地の代理店に転送されています。配達は再スケジュールされました。」となれば、UPSからクロネコヤマトへ変更されています。

あとは通常の宅配便と同じ。もし受け取れなかった場合はクロネコヤマトとやり取りをして、荷物を受け取ってください。

参考元のページ(http://samuraibridge.jp/blog/p590)には、より詳しい情報がありますので、是非どうぞ。

スポンサーリンク

UPSを追跡する:都心部の国内配送業者をUPSからクロネコヤマトへ変更してもらう。まとめ

UPSのトラッキング・追跡情報を見るのは、簡単だと思います。

配達をクロネコへ変更する場合は、少し手間が掛かりますが、UPS Japanの日本のサポート担当の方とのやり取りになりますので、日本語が通じる安心感がありますよね。

3回までに受け取れなかった場合、荷物は引き上げられてしまいますので、自動でクロネコに振り分けられる都心部以外の方(UPSの不在票が着てない方)は何もせずにそのままで良いとして、UPS配送エリアの都心部にお住まいで、なかなか荷物が受け取れない方は必要に応じてUPSからヤマトへ変更してもらうのが無難です。

利用する配送オプションが決まったら、こちらから → 【Amazon.com】 へ行き、早速注文しちゃいましょう!

米尼から個人輸入する方法(個人輸入する方法を分かりやすく説明しています)

米尼から個人輸入したときの流れ(実際に試してみたときの記録があります)

B&Hから個人輸入する方法を解説。アカウント登録、支払い、配送方法。

こちらの記事もおすすめです。

米尼からEVGA製のグラボ・PCパーツ、一般的な商品を個人輸入する方法

米尼からEVGA RTX 2080 Tiを個人輸入するための在庫一覧表まとめ(EVGA RTX 2080 Ti ~ GTX 1060 までを掲載中)

米尼からRTX 2080を個人輸入するための在庫一覧表まとめ(各社 RTX 2080を掲載)

米尼からCore i9 9900Kを個人輸入するための在庫一覧表まとめ

米尼からRadeon RX Vega 56 / 64を個人輸入するための在庫アラート一覧表

米尼からRyzen Threadripper 2950X, 1920X, 1900Xを個人輸入するための在庫一覧表

米尼PCパーツ:ナビリンク

Amazon.com へのリンクと「ぽけこめ」に掲載している米尼PCパーツのページ一覧です。

ぽけこめは「米尼本体の販売価格」と「在庫情報」を掲載しています。マケプレの情報は Amazon.com からどうぞ。

pokecome.com is a participant in the Amazon Associates Program, an affiliate advertising program designed to provide a means for sites to earn advertising fees by advertising and linking to amazon.com.

-米尼(アマゾン)個人輸入

この記事が良いと思ったら、シェア!