EVGA製GTX 1070でFF14ベンチとPSO2を試す

EVGA GTX 1070 SC オーバークロック時のFF14ベンチ結果

EVGA GTX 1070 SC オーバークロック時のFF14ベンチ結果

FF14ベンチ(蒼天ベンチ)とPSO2 EP4ベンチをEVGA製GTX 1070 SC、Core i7 6700kの新ゲーミングPCでやってみました。

なぜCPU~マザー一式を交換したかというと、ベンチマークによってはGTX1070で想定した数値が出なかった場合があったため、

そのスコア低下の原因がCPUとメモリにあることをきちんと調べたかったのと、これ以外についても気になることがあったので、色々調べることにしました。

今回はその記録の一部です。

PC構成

今回のPC構成はこちらとなります。一部のパーツ名からは、Amazonへリンクしています。商品の購入、画像・詳細データ、レビュー、価格の確認に利用してください。

種類 パーツ名(Amazonへリンク)
OS Windows 10 Pro 64bit
M/B(マザーボード) ASROCK Z170 Extreme4
CPU intel Core i7 6700k
CPUクーラー CRYORIG M9i
メモリ(8GB x2)XMP 2666設定 G.Skill Ripjaws 4 F4-2666C15D-16GRR
グラフィックボード(ビデオカード) EVGA GTX 1070 SC Gaming ACX 3.0
SSD Transcend TS256GSSD370S 256GB
HDD WD Green 2TB + 3TB
電源 FSP AU-500 80Plus Gold 500W(新モデルはこちら
ケース Corsair Carbide 330R
ディスプレイ Benq XL2420TE(144Hz)(新モデルはこちら

Amazon.co.jp の「グラボ別・価格一覧 カスタムまとめ」はこちら

「米尼からEVGA製グラボを輸入するための、在庫価格チェック表」(自動更新)

また、別の記事で各パーツにつき詳しくレビューやベンチをすることになる予定ですが、おそらく別サイトになるかと思います。

あまり自作PCの話題をやってしまうと、このサイトの本来の趣旨と外れてしまうので、現在、試行錯誤中です。それでは、本題に入ります。

FF14ベンチマーク(ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク)の結果

FF14ベンチマークは、かなりCPUとメモリ依存度の高いベンチマークとなっているようで、同じグラボ(今回はGTX1070)を使っても、CPUとメモリの違いでスコアがかなり変わってしまいます。

(2016/12/12)海外Gamers Nexusのベンチ結果によると、実ゲームにおいても、CPUとメモリクロックの影響は出るようです。

詳しくは「BF1オープンベータ(と製品版)のベンチまとめ」を見てください。

Core i7 4771(4770)とCore i7 6700kとのFF14ベンチスコア比較

では、EVGA GTX 1070 SCを使い、Core i7 4771(3.9GHz)+ DDR3 1600(4GB x2)とCore i7 6700k(4.2GHz)+ DDR4 2666(8GB x2)とのベンチマークスコアの差を見てみましょう。

i7 4771はi7 4770とほとんど同じCPU(同3.9GHz)なので、ベンチ時の違いはほとんどないと思います。このPCについては、EVGA GTX 1070 SC ベンチマーク・レビュー完全版の「PC構成」を見てください。

FF14ベンチマーク(蒼天ベンチ)結果(設定 1080p DirectX11 最高品質 フルスクリーン)

CPU スコア 平均FPS
Core i7 4771(3.9GHz) 15048 122.8
Core i7 6700k(4.2GHz) 17733 134.7

同じEVGA GTX 1070 SCでも、CPUとメモリ(DDR4-2666)の違いでこれだけの差(12fps)になります。かなりCPUとメモリ依存度の高いベンチマークです。

i7 4771とi7 6700kはデフォルト状態でCPUの性能差がかなりあるので、この結果となっています。

CPUが4770kや4790kなどのOC可能なモデルでしたら、4.5GHz程度までOCすると、6700kに近いスコアになると思います。

Core i7 6700kノーマルとオーバークロックのFF14ベンチスコア比較

そして次にi7 6700kをオーバークロック(OC)した場合の数値を掲載します。

これによって、同じCPU(とメモリ)でもCPUクロックが上昇すると、どれくらいスコアが変わるのか理解することができます。

温度と消費電力はベンチマーク中の最大値で、消費電力の測定にはサンワサプライのワットモニター「TAP-TST8」を利用しています。

FF14ベンチマーク(蒼天ベンチ)CPUオーバークロックテスト結果(設定 1080p DirectX11 最高設定 フルスクリーン)室温26℃

CPU スコア 平均FPS CPU温度 GPU温度 消費電力
Core i7 6700k(4.2GHz) 17733 134.7 59℃ 73℃ 237w
Core i7 6700k OC(4.5GHz) 18008 136.1 63℃ 73℃ 256w

結果は、このような差となりました。実際にはばらつきがあり、CPUノーマル時とOC時でスコアが400~ほど開いたこともあります。

EVGA GTX 1070 SCをオーバークロックした場合のFF14ベンチスコア比較

まず、GTX1070 SCをOCした設定を紹介します。OSやPC構成も変わり、ベンチマーク・レビュー完全版からは、だいぶ違う設定となりました。

EVGA GTX 1070 SC オーバークロック

EVGA GTX 1070 SC オーバークロック

POWER TARGET 112%、TEMP TARGET 91℃、GPU CLOCK OFFSET +122MHz、MEM CLOCK OFFSET +300MHz

もうちょっといじれそうですが、今回の設定はこんな感じとなりました。

さて、ベンチ結果。

FF14ベンチマーク(蒼天ベンチ)CPU+GPUオーバークロックテスト結果(設定 1080p DX11 最高設定 フルスクリーン)室温26℃

CPU スコア 平均FPS CPU温度 GPU温度 消費電力
Core i7 6700k(4.2GHz) 17733 134.7 59℃ 73℃ 237w
Core i7 6700k OC(4.5GHz) 18008 136.1 63℃ 73℃ 256w
i7 6700k OC(4.5GHz)+ GTX 1070 SC OC 18815 未測定 63℃ 75℃ 267w
EVGA GTX 1070 SC オーバークロック時のFF14ベンチ結果

EVGA GTX 1070 SC オーバークロック時のFF14ベンチ結果

なんと、19000近いスコアになりました。GTX1070でここまでくれば、文句のつけようもないです。

PSO2(ファンタシースターオンライン2) EP4 キャラクタークリエイト ベンチマーク結果

PSO2 エピソード4 キャラクタークリエイト ベンチマークです。

Core i7 4771(4770)とCore i7 6700kとのPSO2 EP4ベンチスコア比較

ここでも、CPUとメモリ(DDR4-2666)の違いによるベンチスコアの差を調べてみたいと思います。

PSO2 EP4 ベンチマーク結果(簡易設定6 1080p フルスクリーン)

CPU スコア
Core i7 4771([email protected]) 55450
Core i7 6700k([email protected]) 54415

(2016/12/25) GeForce ドライバ、Windows 10 Pro 64bitを最新にして再度ベンチマークを計測したところ、以前の80000越えのスコアはやはりおかしかったようで、今度は以前のCore i7 4771のスコアより低くなってしまいました。

お詫びして、訂正いたします。

再テストにてi7 4771のスコアに負けた原因は、他のベンチや実ゲームの結果からみて、PSO2ベンチのばらつきによるものと思われます。また、OCテスト時には問題なく超えました。

Core i7 6700kノーマルとオーバークロックのPSO2 EP4 ベンチスコア比較

PSO2 EP4 ベンチマーク CPUオーバークロックテスト結果(簡易設定6 1080p フルスクリーン)室温26℃

CPU スコア CPU温度 GPU温度 消費電力
Core i7 6700k(4.2GHz) 54415 61℃ 72℃ 238w
Core i7 6700k OC(4.5GHz) 59355 70℃ 72℃ 258w

6700kをOCすると、スコアがおよそ 5000 ほど伸びました。しかしながら、PSO2ベンチはスコアのばらつきも大きいため、ある程度のCPUとメモリを積んでいれば、大丈夫だと思います。

EVGA GTX 1070 SCをオーバークロックした場合のPSO2 EP4 ベンチスコア比較

PSO2 EP4 ベンチマーク CPU+GPUオーバークロックテスト結果(簡易設定6 1080p フルスクリーン)室温26℃

CPU スコア CPU温度 GPU温度 消費電力
Core i7 6700k(4.2GHz) 54415 61℃ 72℃ 238w
Core i7 6700k OC(4.5GHz) 59935 70℃ 72℃ 258w
i7 6700k OC(4.5GHz)+ GTX 1070 SC OC 62202 69℃ 74℃ 269w

GTX1070 SC OC設定はFFベンチの時と同じです。

EVGA GTX 1070 SC オーバークロック時 PSO2ベンチ後のMSI Afterburner読み

CPUとGPUをOCした時の温度や各種グラフはこちら

EVGA GTX 1070 SC オーバークロック時の各種数値

EVGA GTX 1070 SC オーバークロック時の各種数値

EVGA GTX 1070 SC ACX3.0の具体的な挙動が知りたい方は、GTX 1070 SCベンチマーク・レビュー完全版へ

EVGA製GTX 1070でFF14ベンチとPSO2を試す まとめ

CPUとメモリの違いによってベンチマークスコアの差が出ることが多いのは事実ですが、実ゲーム上でそれほどの違いがあるかというと、まだわかりません。

ただ、実際にベンチマークを走らせていると、i7 4771の時に比べると、6700kでは、フレームレートが安定しているように見えるシーンが多いです。

いずれ実際にゲームを色々とプレイしてその結果を書きたいところなのですが、このサイトの趣旨とはかなり外れてしまうので、別サイトを作成してそこでやることになりそうです。たぶん。

PCの使用用途によってもいろいろなアップグレード方法がありますが、ゲーム目的でしたら、CPUがCore i5 ~ Core i7なら、とりあえずはグラボからアップグレードするのが正解ではないでしょうか。

そのあとに不満があれば、CPU(とメモリ)ですかね。今回色々買いましたが、ベンチではなく実ゲームでは、まずグラボにつぎ込んだほうが、コスパは良さそうです。

Amazon.co.jp の「グラボ別・価格一覧 カスタムまとめ」はこちら

こちらの記事もおすすめ

「米尼からEVGA製グラボを輸入するための、在庫価格チェック表」(自動更新してます)

EVGA GTX 1070 SCを個人輸入した話

EVGA GTX 1070 SC ベンチマーク・レビュー完全版

EVGA製のグラフィックボードを個人輸入する方法

BF1オープンベータでEVGA GTX 1070 SCを試す(ベンチ)

-GeForce GTX

この記事が良いと思ったら、シェア!