おすすめ。Chromeの便利な拡張機能まとめ[うざい・邪魔なページをブロック etc]

電球

電球

2016年現在、ウェブ検索といえば、ほとんどの人々がGoogleを利用するようになりました。

Yahoo経由でこのサイトへ来てくださる方も多いのですが、実は、その後ろで動いている検索エンジンはGoogleだったりします。

最近では、キュレーションなどのまとめサイト(welq, iemo, naverなど)が、Googleの検索結果上位をほとんど独占することが多くなり、調べる内容によっては、どうしてもブロックしたいページが増えてきました。

このページでは、たくさんの人に利用されているブラウザ、PC版:Chromeの拡張機能を利用して、そういったページをドメイン単位でブロックする方法と、その他の便利な拡張機能(プラグイン)をご紹介します。

ページの前半部分は、拡張機能の利用方法と管理方法の説明になっていますので、すぐに機能を利用したい場合は、下の目次からジャンプしてください。

Chromeの拡張機能とは?

Googleが開発したブラウザ、Chrome(クローム)には、拡張機能といって、ブラウザに便利な機能を追加する仕組みがあります。

これは、プラグイン形式で組み込めるようになっていて、Googleの審査に通れば、個人が開発したものでも、Googleが運営するChromeウェブストア上で、公開が可能となっています。

Chrome拡張機能のインストール方法

通常は、Chromeウェブストア からジャンルやキーワード検索して、欲しい機能を探してインストールします。

例えば、Pocket公式 が公開しているプラグイン「Save to Pocket」でしたら、Chromeウェブストア へ行って、検索窓に「pocket」と打ち込めば、出てきます。

Chromeウェブストア キーワード入力画面

Chromeウェブストア キーワード入力画面

基本的には一番上に「レビュー」と「利用者数」が多いものが表示されると思いますので、すでにユーザーがそれなりにいて、配布元が信用できることを確認し、インストールします。

Chromeウェブストア Pocket

Chromeウェブストア Pocket

もし、もっと情報が知りたい場合は「Pocket」と書かれたアイコンの部分や、「Save to Pocket」といったようなタイトル部分をクリックすれば、より詳しい情報が表示されますので、おすすめです。

では、配布元の確認もした上で、インストールしてみましょう。上記画像の「CHROME に追加」というボタンをクリックします。

Chrome拡張機能を追加

Chrome拡張機能を追加

すると、このようなポップアップが表示されますので、内容を確認した上で、「拡張機能を追加」をクリックします。これで、追加完了です。

拡張機能が追加されると、Chromeの右上、閉じるボタンのあたりにアイコンが追加されます。

追加された Pocket アイコン

追加された Pocket アイコン

今後は、ここをクリックすることによってPocketのページ保存機能が使えるようになりました。便利ですよね!

Chrome拡張機能の管理方法:有効 / 無効 / 削除ほか

プラグインを利用しているとあまり使わないものや、いらなくなった機能、一時的に無効化したい場合などがあります。

拡張機能を管理する、おすすめの方法

あとで説明する、拡張機能管理用の便利なプラグインがありますので、それを利用してください。

通常の方法は以下、2種類。

拡張機能を管理する、簡単な方法

追加されているプラグインアイコンの上で、右クリックすると、下記のようなメニューが表示されます。

「管理メニュー表示」 対象のアイコンで右クリック

「管理メニュー表示」 対象のアイコンで右クリック

このメニュー上から、拡張機能の「オプション」、「Chromeから削除」、「拡張機能を管理」といった操作が出来ます。

対象の拡張機能を完全に削除したい場合や、オプションを設定したい場合は、右クリックする方法がおすすめです。

また、拡張機能を管理したい場合も、右クリックからが簡単です。試しに、「拡張機能を管理」をクリックしてみましょう。

すると、下の画像のような表示がリストで出てきます。

拡張機能管理 リスト画面

拡張機能管理 リスト画面

この画面で、機能の「有効・無効の切り替え」や「オプション設定」、または「削除」といった操作が出来ますので、覚えておいてください。

通常の方法で拡張機能の管理画面を表示するには

この画面に、通常の方法で行く場合は、

追加された Pocket アイコン

追加された Pocket アイコン

Chromeの一番右上あたりにある、「点が3つならんだボタン」をクリックし、表示されるメニューから「設定」を選択します。

その後、表示される画面の一番左上で、こういう表示がされます。

「拡張機能」をクリック

「拡張機能」をクリック

そこの「拡張機能」をクリックして選択すれば、ちょっと前に説明した「拡張機能の管理画面」が表示されます。

あとは、前の方法と同じようにして、管理してください。

検索結果の「うざい・邪魔なページ」をブロックする拡張機能(Personal Blocklist)

では、本題のページをブロックするプラグインの紹介に入ります。

Personal Blocklist:Google純正のドメインブロック

この拡張機能「Personal Blocklist」はGoogleが公式に開発し、配布しているプラグインで、Googleの検索結果から、ブロックしたドメインを表示させないようにするという、とても便利なプラグインです。

インストールすると、Googleの検索結果に、ドメインブロック用の表示がされます。

Googleの検索結果より引用(iemoの場合)

Googleの検索結果より引用(iemoの場合)

ここで上記の画像では「iemo.jpをブロック」という部分をクリックすると、ブロックリストに登録され、これ以降はGoogleの検索結果に表示されなくなります。

注意点としては、ドメイン単位のブロック機能なので、例えばlivedoorブログなどをブロックすると、このブログサービスを利用しているページを一括で表示しなくなりますので、こういった場合は注意が必要です。

Personal Blocklistをインストールする

Chromeウェブストア へ行き、検索窓に「Personal Blocklist」と入力するか、またはこちらから どうぞ。

「Personal Blocklist」のページを表示したら、「CHROME に追加」するというボタンをクリックして、インストールします。

邪魔なページをブロックする方法

Googleで検索したときに表示される、「~ をブロック」という部分をクリックすれば、ドメイン単位でブロックできます。

また、そのページ自体を表示しているときにも、ブロックリストへ登録できます。

ブロックしたいページを表示中に、アイコンをクリック。

Personal Blocklist アイコン

icon

すると下記のように、ブロックする表示が出ますので、クリックすれば登録完了です。

ドメインのブロック方法

ドメインのブロック方法

ブロック登録したドメインの管理方法

管理方法は簡単で、追加されたパーソナルブロックリストのアイコンをクリックすると、

Personal Blocklist アイコン

icon

ブロックしているドメインのリストが表示されます。

Personal Blocklist の編集画面

Personal Blocklist の編集画面

ここで、「ブロックを解除」したり、「登録ドメインを編集」したりすることができます。簡単です。

インポートとエクスポート機能もありますので、もし利用する場合はクリックして使ってみてください。難しくはないです。

SimpleExtManager:拡張機能を簡単に管理するプラグイン

このプラグイン「SimpleExtManager」はとてもおすすめで、インストールした拡張機能を簡単に管理できる有名なプラグインです。

SimpleExtManager メニュー

SimpleExtManager メニュー

この拡張機能を使うと、上記のように、簡単に拡張機能を管理することが出来るようになります。

使い方は簡単で、

  1. SimpleExtManagerのアイコンをクリック
  2. メニューから、チェックボックスにて、拡張機能の有効・無効を切り替え
  3. オプションは歯車アイコン
  4. 削除は×のアイコン

といった感じで、簡単に拡張機能を管理することが可能になります。とても便利なので、おすすめです。

Office Online:マイクロソフトのOfficeファイルをChrome上で編集するプラグイン

Office Online:このプラグインは、マイクロソフトが公式に配布しているプラグインです。ブラウザ上でオフィスファイルを編集することが可能になります。

One Driveと連携したり、ローカルのファイルを編集したりすることもできます。

出先や別のPCなどでOffice環境がない場合でも、ExcelやWordファイルなどが編集できますので、便利だと思います。

英辞郎 on the WEB 拡張機能:英単語を翻訳

英辞郎 on the WEB 拡張機能」は、アルクの「英辞郎 on the WEB」を拡張機能にしたものです。

ウェブページの該当する英単語を選択し、右クリック。その後「英辞郎 on the WEB で検索」を選べば、英語辞書を検索できます。とても便利です。

英単語の勉強や、海外の英語ニュース、マニュアルなどを見るときに役立ちます。

さらに設定すれば、ダブルクリックや、範囲選択での簡単な検索が可能になりますので、試してみてください。

まとめ

今回は主にChromeの拡張機能のインストール、管理方法、使い方を説明しました。

まだ拡張機能の紹介が少ししか出来ていないのですが、これから徐々に追加していく予定です。

とりあえず、Googleの検索結果から邪魔なページを除外し、消すためのプラグインの紹介ができたので、ぼくとしては満足です。

以前、とある事情から、家具のテーブルを探しているときがあり、そのときにキュレーション・まとめサイトがすごい邪魔で、探すのが大変だったので、当時この拡張機能を知っていればな、と思い、ページを作成しました。

検索のお役に立てれば嬉しいです。

-未分類

この記事が良いと思ったら、シェア!