東京電力からENEOSでんきに乗り換えるメリット・デメリット

気球

我が家は、小売の電力全面自由化が開始した2016年4月に、東京電力から「ENEOSでんき」に乗り換えました。

その経験から、大手電力会社から新電力への変更するにあたってのメリット・デメリットをお伝えします。

今のところ、「ENEOSでんき」は関東エリア内のみのサービスですが、他の地域の方でも参考になると思います。

一般的なメリット・デメリットについては下記のページも参考にしてください。

電力会社を変更して乗り換えるメリット、デメリットまとめ

大手電力会社から新電力サービスへ変更するにあたっての注意点

まずはじめに、東電などの大手電力会社から「ENEOSでんき」などの新電力へ乗り換えるにあたって、考えておくべきこと・必要なことがあります。

月平均で「200kWh」以下の電気使用量の場合、メリットは少ない

まず、お手元に毎月ポストに投函される「電気ご使用量のお知らせ」を用意してください。

「ご使用量」と書かれた場所に「○○kWh」と書かれていると思います。それが毎月の電気使用量です。

この数値が月平均で「200kWh」以下の場合、電力会社を乗り換えるメリットはあまりないと思います。

そして、乗り換えると、逆に電気代が高くなってしまう場合があるので注意が必要です。

理由は、電気使用量が少ない世帯では、大手電力会社の旧プランの方が電力単価(kWhあたりの料金)が安くすむからです。

新電力に変更する場合、無料でスマートメーターに変更する必要あり

新電力会社へ乗り換える場合、現在ご使用中の「電気メーター」を「スマートメーター」に無料で変更する必要があります。

スマートメーターとは?ハイテク電気メーターの3つの利点

新電力への切り替えを申し込むと、大手電力会社の技術者の方が無料で変更しに来てくれます。場合によるそうですが、我が家では、変更時に停電もありませんでした。

スマートメーターとは、リアルタイムで使用電力を計測し、その結果を電力会社のサーバへと自動で送信するハイテク電気メーターです。

あとで説明しますが、こんな感じのことが出来るようになるよ、という画像です。

6月30日の電気の使用状況グラフ

6月30日の電気の使用状況グラフ

この画像は、我が家の6月30日における電力使用量を自動的にグラフ化したものです。

こういったグラフを契約した電力会社のページから数時間遅れで見て、日々の電力の使用状態を把握することが出来ます。便利ですよ。

東京電力からENEOSでんきに乗り換えるデメリット

では、まずは新電力へ乗り換えるデメリットから。

ぼくの経験からすると、電力会社を「ENEOSでんき」に変更して起こったデメリットは無かったです。

変更してから停電したことも無いですし、電気代は10%ほど安くなりましたし、スマートメーターで電気代の把握が簡単になりました。

請求書や明細が欲しい方は、発行に少しお金が掛かってしまうこと(162円/1通)くらいです。これは、ほとんどの会社で掛かるようです。

電気代の確認には、ネット上の明細を見るか、登録した口座やクレジットカードの履歴を参照することになります。こんな感じです。

6月の電気代、明細

さらに一般的に新電力へ乗り換える場合のメリット・デメリットはこちらへどうぞ。

電力会社を変更して乗り換えるメリット、デメリットまとめ

ENEOSでんきのサービス供給エリア

ENEOSでんき」のサービス供給エリアは、今のところ東京電力のエリア内(関東圏)のみです。

ENEOSでんきの提供エリア

それ以外地域にお住まいの方は、参考程度に見ていってください。いずれ色々なエリア内の新電力サービスについて、まとめる予定です。

また、マンションなどにお住まいで「一括受電の契約」をしている場合は、契約の変更ができませんので、この場合も申し込みが出来ません。

東京電力からENEOSでんきに乗り換えるメリット

ではここからは、東電から「ENEOSでんき」に乗り換える具体的なメリットを説明します。

まずは「ENEOSでんき」へ行き、「料金メニュー」のページを開いておいてください。

また、お手元に月々ポストに投函される「電気ご使用量のお知らせ」を用意してください。

スマートメーターによって日々の電力把握が簡単になる

スマートメーターを設置して、自動作成されたグラフや電力使用量を確認することによって、電気代の節約がしやすくなりますし、

来月はいくらくらい電気代が掛かるのかということを事前に知っておくことが出来ます。毎月電気代の請求額に悩む必要もなくなりますし、かなり便利です。

6月の電気使用量と、その代金

日々の使用量と、請求額をかんたんに確認することが出来ます。また、日別の電気使用量グラフもあります。

6月中の電気の使用状況グラフ

6月中の電気の使用状況グラフ

6月の電気使用量を自動でグラフ化したものですが、エアコンを利用した日は電力を11kWh以上使っていることが分かります。

何に電気代が掛かっているのかという把握がしやすくなるので、とてもお勧めです。

電気料金が安くなる(1kWhあたりの単価が安い)

「電気ご使用量のお知らせ」の「ご使用量」の欄を見てください。ここに「○○kWh」と書いてあります。これが、当月の電気使用量(kWh)です。

計算すると、月200kWh以上、電気を使用している世帯が対象となりますが、「ENEOSでんき」に変更することで電気代が安くなります。

東京電力とENEOSでんきの料金比較表

下記の表は、上から順に、1段(~120kWhまで)、2段(120~300kWh)、3段料金(300kWh~)に対しての電気使用量、「1kWhあたりの単価」です。

「東京電力とENEOSでんきの料金比較表」

1ヶ月の電気使用量 東京電力 ENEOSでんき
~120kWh 19.43円 20.76円
120~300kWh 25.91円 23.26円
300kWh~ 29.93円 25.75円

2016年4月時点(「ENEOSでんき」の料金メニューより引用)

表から分かるように、東京電力などの大手電力会社の旧プランの場合、使えば使うほど電力単価(kWh)が跳ね上がります。

ENEOSでんき」の場合は、その上昇が緩やかなので、月300kWh以上平均して使う世帯では、かなりの電気料金が節約されることになります(300kWh~、1kWhあたり:約4.2円差)。

つまりこれ以降(300kWh~)は、使えば使うほど圧倒的な電気代の差になっていきます。

具体的な実例はこちらのページをどうぞ

東京電力とENEOSでんきの電気料金を比較する(2016年8月)

東京電力とENEOSでんきの料金メニューの違い。その差額。

具体的な例は上記のページを見ると分かりやすいのですが、ここでも説明します。

電力単価の比較表を見ると「120kWhまで」(1段料金)使用する前提では、「1kWhあたり1.33円ほど」東京電力の単価が安いのですが、

それ以降の「120~300kWh」(2段料金)になると、「逆転」します。ここでは「2.65円ほどENEOSでんきの単価が安く」

さらに、「300kWh以上」(3段料金)になると、更に差が広がって、これ以降は使えば使うほど「4.18円も単価が安く」なることになります。

ですから、計算上「メリットが出てくる」のが、「月200kWhほど電気を使用している世帯」からになります。

「月々の電気使用量が少ない世帯」ですと、メリットはありませんが、

多くの場合、「300kWh以上は利用されている世帯になる」と思いますので、使えば使うほど電気代の差が大きくなります。

我が家の例ならこうなる

我が家の例をお話しすると、「春秋は300kWh程度の使用」ですが、エアコンなどで電気使用量が多くなる「夏冬」を含めると、

「月平均で450kWh」ほど利用している計算になりますので、最終的には「年間で約12,400円(2年とくとく割)」ほど浮くことになります。

ENEOSでんき」へ行き、「料金メニュー」をクリック(タップ)すると、とてもわかりやすい一覧表と「家族構成の図解」によって「簡単な試算」を把握できますので、活用してください。

さらに電力単価を割り引くための「2年とくとく割り」とその他の特典について

また、ENEOSでんきの「2年とくとく割」に加入しますと、さらに単価が安くなります。

これは、ENEOSでんきを2年間利用するという契約ですが、もし期間内の変更でも「解約金が1,080円」と割安なので、お勧めです。

もちろん、2年後の更新月(2ヶ月間)には、無料で変更することが可能です。

これによって安くなる金額(電力単価)ですが、具体的には、

「1kWhあたり、0.2円(1~2年目)」安くなります。さらに、「3年目以降は0.3円安く」なり、お得です。

これは、「加入するときに指定」することも出来ますし、加入後でも手続きによって、ぼくの場合は「当月分」から適用されました。

月平均で450kWhほど電力を使用する我が家の場合「ENEOSでんき」に変更したことにより

「東京電力の旧プラン」と比べて年間で約

  • 11,300円 割安(通常の契約)
  • 12,400円 割安(2年とくとく割り適用後)
  • 13,000円 割安(2年とくとく割り、3年目以降)

となります。さらに、手続きをすれば、支払った額に対し「0.5%分のTポイント」が付与されるので、さらにお得。

2年契約中の解約金「1,080円」については、「月平均で、450kWh以上」電気を使用するなら、「1年目で元が取れてしまう」ので、リスクはほぼ無いといえます。

もし「電気使用量が月平均で225kWh」だとしても、「割引単価分の差額」で「540円ほど」支払えば解約できますし、リスクはほとんどありません。

さらに、あとで解説する「Tポイント付与」や「ガソリン(ENEOSカードで決済する場合)の割引」を考えると、「ほぼタダ」みたいなものとなります。

ですから、もし加入される方は、「最初から2年とくとく割に加入する」ことをお勧めします。乗り換える気が無く、長く使うならば、特に入りましょう。

電気代の実例を公開します。我が家の場合

ぼくのうちの、6月の電気使用量は「約317kWh」で料金は「7,656円」でした。みなさんの「電気料金明細」と見比べてみてください。

6月の電気使用量と、その代金

下は、その明細です。1段と2段の料金部分も比べてみてください。

6月の電気代、明細

東電と契約していた時の電気料金と比較すると、かなり安くなっている印象です。

特典1:Tポイント情報を登録すれば、月々の支払額に0.5%のポイントが付与される

ENEOSでんきでは、「電気料金支払い」に対し、「0.5%分のTポイント」が付与されます。ぼくの場合(5400kWh/年)、「年間で800ポイント」ほどになります。

Tポイント付与

ぼくはすでに、Tポイントの情報を登録済みなので、4月分の「4,400円ほどの支払い」に対して、「22ptのTポイント」が付与されました。

もし現在Tポイントをお持ちでなくても、「Yahoo! Japan」のIDを持っていれば大丈夫です。手続きできます。

特典2:「ENEOSカード」をお持ちの場合、ガソリン代が「1円/リットル」割引に(~150円/月)

すでに「ENEOSカード」を持っていて、「ENEOSでんきの決済」に指定し、

「申し込み画面」で「カードに記載されたお得意様番号」を入力すると、ガソリン・灯油・軽油代が「1円/リットル」割引になります(150リットル/月まで)。

「割引の適用開始」には、「契約から2~3ヶ月」ほど掛かるようです。

ただしこの割引を利用する場合、前述のTポイントの付与は行われなくなります。

「携帯電話やガス」などの契約とセットにする「必要が無い」

他社だと、「セット割引」が多いのですが、ぼくの場合は、その割引を入れたとしても「ENEOSでんき」の方がかなり割安でした。

おそらくですが、月200kWh以上利用する世帯ならば、「電気の単価は関東で一番安い」と思います。

ですから、「セット縛りが無い」ので、特に悩むことなく契約できます。

「電力会社の変更」を、実際に申し込んでみる

それでは、実際に電力会社の変更を申し込んでみましょう。

まず、申し込みをする前に、毎月ポスト投函される「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」をお手元にご用意ください。ここに「切り替えに必要な情報」が載っています。

「分かりやすい流れの例」は、こちらになります。(電力会社を切り替えるには?|電力小売全面自由化|資源エネルギー庁

では、上記を踏まえて、ぼくが行った実例にそって、解説します。

「ENEOSでんき」に乗り換える例

ENEOSでんき」へ行き、「新規申し込み」をします。

ENEOS電気の申し込み

このとき、重要なのは「現在契約中の電力会社」と「契約している同一の名義・住所」で申し込むことです。(検針票に記載されています)

「申し込みページ」に進み、「お名前」と「メールアドレス」を入力して「申し込む」と「確認のメール」が届きますので、そのメールに記載されているリンクをクリック(タップ)して、「契約情報」を入力するページが開始されます。

そして、「ENEOSでんき」の「解説に掲載されている例図」と、お手元の「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」を見比べながら、「必要な情報」を記入していきます。

そのとき、参考になるページはこちらです(ご契約内容の確認方法 - ENEOSでんき

このとき、一番つまずきやすいのは、「検針票」の「お客様番号(契約番号)」と、「供給地点特定番号(22桁)」が「記載してある場所」です。

上記の「参考ページ」を見ながら、「正しい情報」を入力しましょう。(ちなみに、「契約アンペア数」は、「自動で」引き継がれます)

そして、必要な情報を全て入力し、支払いのための決済情報(クレジットカード、または口座振替)の確認も終われば、切り替えの手続きが完了します。

申し込みをした翌日に確認のメールがきます

その翌日に、確認のメール(【ENEOSでんき】ご使用開始手続きの受付完了のお知らせ)が送られてきますので、見ておいてください。

全ての手続きが無事完了しますと、ぼくの場合は2週間前後で、「ご使用開始予定日」の案内が書かれたメールが送られてきました。

これで大丈夫です。

その後、スマートメーターへ交換してくれます

あとは、現在お使いの電気メーターを「スマートメーター」へ交換する作業員の方が自宅に訪問し、交換を行ってくれます(無料です)。メーター交換工事は家の外側のみです。

そして、電気の契約が切り替わったあと、しばらくすると「ENEOSでんきの会員ページ」に「ログインするための情報」が書かれた手紙がきます。

そうしますと、「スマートメーターの情報」を見ることや、「Tポイント情報の登録」などの「各種お手続き」が可能となります。

以上です。

少し入力が面倒ですが、「電気ご使用量の知らせ」と例図を見比べながら入力していけば、いけると思います。がんばってください。

東京電力からENEOSでんきに乗り換えるメリット・デメリットまとめ

いかがだったでしょうか。ぼくは「ENEOSでんき」に乗り換えてとても満足しています。

何もしなくても月10%ほど電気代が安くなり、通常通りに電気を使っていても負担が1割軽減されていることを思うと、少し気が楽になりました。

やはり節電対策に必死になりすぎると、疲れてしまったりしますので、根本的な「電気代」といったところから10%ほどカットできるとなると、とても良いです。

このページが乗り換える際の参考になったら、嬉しいです。

-電気料金節約

この記事が良いと思ったら、シェア!